• Michelly

色のトーンについて


本日は色の明度、彩度、トーンのお話をして行きます。


目次
  1. 色の重要性

  2. 色の重要性

  3. 色のトーンについて

  4. 色の合わせ方の例



トーン(色調)って何?

色には、色相・明度・彩度の、3属性があります。 トーンとは、このうちの明度と彩度をあわせた考え方で、【明度と彩度が似ている色を集めてグループ化したもの】をトーンと呼びます。


このトーンを理解すると色を使ったコミュニケーションを円滑に図ることができるようになります。 たとえば、デザイナーに指示を与えるときに「明度は高くて、彩度も高い赤を使ってくれ」と説明するのは、だいぶ分かりにくいですよね? ですが、トーンをしっかり理解していれば「ブライトレッドを使って」もしくは「明るい赤を使って」と指示を出すことができます。


トーンのもつイメージ

上の表はPCCS(日本色研配色体系)が定めるトーンの名前とイメージをあらわしたものです。

各トーンには、それぞれ名前以外に、関連付けられるイメージがつけられています。たとえば、ブライトトーンには【明るい】という以外に、【健康的な】【陽気な】【華やかな】といった形容詞が定められています。

ここでは、上の例で説明したような、各トーンがもつイメージを紹介いたします。

このイメージを丸暗記するのは難しいですが、なんとなくでも頭の片隅にいれておくと、今後デザインをする上で大変役に立つので、ぜひ参考にしてみてください!


  • ペールトーン

■色調:純色に白を混ぜて出来る澄んだ調子の明るい色調

■トーンのイメージ:薄い 軽い あっさりした 弱い 女性的 若々しい 優しい 淡い かわいい


  • ライトグレイッシュトーン

■色調:純色に白と黒を混ぜて出来る彩度の下がった濁った調子の色調

■トーンのイメージ:明るい灰みの 落ち着いた 渋い おとなしい


  • グレイッシュトーン

■色調:純色に白と黒を混ぜて出来る彩度の下がった濁った調子の色調

■トーンのイメージ:灰みの 濁った 地味な


  • ダークグレイッシュトーン

■色調:純色に黒を混ぜてできる澄んだ調子の暗い色調

■トーンのイメージ:暗い灰みの 陰気な重い 固い 男性的


  • ライトトーン

■色調:純色に白を混ぜて出来る澄んだ調子の明るい色調

■トーンのイメージ:浅い 澄んだ 子供っぽい さわやかな 楽しい


  • ソフトトーン

■色調:純色に白と黒を混ぜて出来る彩度の下がった濁った調子の色調

■トーンのイメージ:柔らかな 穏やかな ぼんやりした


  • ダルトーン

■色調:純色に白と黒を混ぜて出来る彩度の下がった濁った調子の色調

■トーンのイメージ:鈍い くすんだ 中間色的


  • ダークトーン

■色調:純色に黒を混ぜてできる澄んだ調子の暗い色調

■トーンのイメージ:暗い 大人っぽい 丈夫な 円熟した


  • ブライトトーン

■色調:純色に白を混ぜて出来る澄んだ調子の明るい色調

■トーンのイメージ:明るい 健康的な 陽気な 華やかな


  • ストロングトーン

■色調:純色に白と黒を混ぜて出来る彩度の下がった濁った調子の色調

■トーンのイメージ:強い くどい 動的な 情熱的な


  • ディープトーン

■色調:純色に黒を混ぜてできる澄んだ調子の暗い色調

■トーンのイメージ:深い 濃い 充実した 伝統的な 和風の


  • ビビッドトーン

■色調:純色(各色相において、最も彩度が高い色)

■トーンのイメージ:冴えた 鮮やかな 派手な目立つ 活き活きした


最後に

以上で、トーンの説明は終わりますが、すべて丸暗記するのは難しいですよね。

配色に迷ったときなどこの記事を参考にしていただければと思います:)



ではまた!!

41回の閲覧

© by Barber & apparel 中村商店. Proudly created with Nk_supply