麻(あさ)は、植物表皮の内側にある柔繊維または、葉茎などから採取される繊維の総称。

狭義の麻(大麻、Cannabis sativa)と、苧麻(からむし)の繊維は、日本では広義に麻と呼ばれ、和装の麻織物(麻布)として古くから重宝されてきた。

狭義の麻は、神道では重要な繊維であり様々な用途で使われる。

麻袋、麻縄、麻紙などの原料ともなる。(wikipediaより)

 

かつての禁酒法時代(1920年代から30年の初頭)、米国では「酔いをもたらす飲料」の販売を禁じた。

そしてこの時代、違法に酒を販売し人々の集う場所を「スピークイージー」と呼んだ。

スピークイージーでは、人種や置かれた立場も関係なく、男女の隔たりもない、自由な場所としてイリーガルに存在していた。

現代のスピークイージーは、イリーガルではなく、その「存在意義」が定義され、人々が意見を交換するコミニュティの総称として使われるようになってきている。

まだまだ先の話かもしれないが、必ず人々は集い意見できる場所が必要だ。

そんな機運を見る目に長けた人たちは、何を見出していたのだろうか!?

日本における大麻所持は、非合法であり犯罪だ。これらを嗜んだ有名な人たちを捕えては見せしめに使う。

世界では何が起きているのだろうか!?大麻は次々と合法化に向かい、大麻を取り扱う企業が上場を果たすほど産業は成長していることをあなたは知っているだろうか? 「本質を理解し見極め、機運を得ることに長けた人だけが使えば良い」

 

#伝統文様 #asanoha

 

Asa 420

¥14,800価格
  • H200cm*W145cm